一般社団法人 日本マリーナ・ビーチ協会

県支部活動

県支部長会議

(一社)日本マリーナ・ビーチ協会の県支部長会議は、毎年5月、通常総会に合わせて東京で開催しています。過去5年間では、次のような議題について会議が開催されました。

県支部長会議の開催
年度 参加支部長 議題等
平成24年度 13名 各支部からの活動報告
東日本大震災対応について協議
平成25年度 12名 各支部からの活動報告
平成26年度 7名 各支部からの活動報告
平成27年度 12名 各支部からの活動報告
支部組織の見直し、40 周年記念事業、
会員事業の展開、その他
平成28年度 12名 各支部からの活動報告
支部組織の見直し、委員会の立ち上げ、
その他

各種会員事業委員会

平成26 年度、協会活動の重点テーマ「委員会活動による会員事業の強化」を具体的に推進するため委員会を設立し、平成27 年度より順次活動を展開しています。

活動中の会員事業委員会
「放置艇ゼロ政策における民間マリーナの活用委員会」 幹事:岡山支部長
「マリーナ従業員の教育委員会」 幹事:三重支部長
「災害支援活動の推進委員会」 幹事:神奈川支部長
「観光を基軸としたマリーナの相互交流委員会」 幹事:兵庫支部長

平成27年度、東京支部長を幹事に「40周年記念事業の推進委員会」を設置し、10回の委員会が開催されました。記念事業として米国マリーナの視察、40周年記念シンポジウムを開催しました。