一般社団法人 日本マリーナ・ビーチ協会

施設整備・運営研究事業

施設整備の研究

(一社)日本マリーナ・ビーチ協会は、発足以来、自主研究として、係留施設整備の研究を続け、その成果を取りまとめてきました。

『プレジャーボート用浮桟橋ハンドブック』、その後の研究を基にした『プレジャーボート用浮桟橋設計マニュアル』に続き、プレジャーボートの放置艇が社会問題になり、廉価で安全性の高い簡易係留施設が求められる中で、『プレジャーボート用簡易係留施設設計マニュアル』、『プレジャーボート用簡易係留施設試設計計算書』を刊行しました。さらに浮桟橋の品質管理の向上と標準化のため、『プレジャーボート用浮桟橋品質管理マニュアル』を、維持管理の基本的な考え方や方法を項目別にまとめた『プレジャーボート用浮桟橋維持管理技術マニュアル』を刊行し、『プレジャーボート用浮桟橋設計マニュアル』を新しい性能設計体系に対応した内容に改め、SI 単位系に修正し、内容の一部修正を加え、改訂版を刊行しました。

(一社)日本マリーナ・ビーチ協会は、引き続き、近年のクルージングニーズに対応したプレジャーボート用ビジター桟橋の在り方、舟艇の大型化が想定される状況での施設整備や利用上の課題等について検討を行っています。

21世紀マリーナの会の開催

会員マリーナで構成する21世紀マリーナの会は例年、6月、9月、12月、3月の4回開催され、近年のマリーナを取り巻く様々な課題に関して、活発な意見交換が行われています。

平成28年度に開催された「21世紀マリーナの会」
開催年月日 開催場所 開催状況
平成28年6月 新西宮マリーナ 参加者21名
平成28年10月 伊勢湾マリーナ 台風で中止
平成28年12月 名古屋市内 参加者25名
平成29年3月 横浜市内 参加者33名