一般社団法人 日本マリーナ・ビーチ協会

沿革・目的・事業

沿革

昭和48年5月 設立発起人会を設立
全国のマリーナ関係者等が相協力して設立。運輸省港湾局の指導の下に諸般の準備を進める
昭和49年11月 社団法人日本マリーナ協会として発足
運輸大臣の設立許可を得て発足した
平成元年6月 名称を社団法人日本マリーナ・ビーチ協会に改称
ビーチに関する業務を付加
平成24年4月 一般社団法人日本マリーナ・ビーチ協会へ移行

目的

この法人は、マリーナ及びマリーナ事業並びにビーチ及びビーチ事業の健全な発展を図り、以て健全な海洋性レクレーションの振興に寄与することを目的とする。

事業

  1. マリーナ及びビーチの整備及び運営に関する調査、研究
  2. マリーナ事業及びビーチ事業の健全な発展を図るための指導
  3. マリーナ及びビーチの安全かつ円滑な利用を図るための指導及び周知
  4. 小型船に関する調査、研究及び事業
  5. マリーナ及びビーチに関する啓発普及
  6. その他この法人の目的を達成するために必要な調査、研究及び事業